ビジネスパソコン実践科/訓練の内容

シニアネットについて.jpg会員募集.jpg講座案内.jpgお知らせ.jpg求職者支援訓練.jpg講師・サポ募集.jpgスタッフ.jpg

head_logo.pnghead_mail.pnghead_tel.pnghead_map.png

HOME > ビジネスパソコン実践科/訓練の内容

ビジネスパソコン実践科の特徴

営業・販売事務員を目指す訓練です

 日本標準職業分類によると、 営業・販売事務員とは、 売上伝票の管理、顧客リストの作成など営業・販売に関する事務の仕事に従事するものをいいます。加えて、事務処理の現場ではExcelやWordを使用したOA操作が中心となっています。

 大阪にある事業所が出す求人広告を見ていますと、限られた人員で構成された中小企業・小規模企業からの募集が多く、一般的なOA操作とインターネットに伴う操作や自社のWebの更新や管理業務が必須となってきています。
 具体的に申し上げますと、例えば『Exceのデータベース機能lを駆使したリスト管理』や、『Web・メール(フォーム)からの受発注業務』『簡単なホームページ更新』といった、インターネットを使用した業務も増えてきています。

 このような背景から、当校の訓練においては、Word・Excel・PowerPointといった営業事務に必要不可欠なソフトを使用し、実務的な書類の作成編集を行い、Webサイトの作成や更新のスキルを身につけることを目指します。

ビジネスパソコン実践科での学び

 当訓練校では、正しいビジネス文章入力(タッチタイピング)から、アプリケーションの基本操作、実践操作、Web作成とステップを経た以下のような訓練科カリキュラムになっています。

ステップ1.Windows10の基本操作から設定画面まで(インターネット検索、Gmail取得とビジネスメールのやり取り含む)

ステップ2.Word、Excelを使用した完成例のあるビジネス文書を作成

ステップ3.PowerPointでは基本操作習得後、オリジナルのプレゼンテーションを作成し、発表

ステップ4.ソフトウエア間の連携操作による実務文書作成

ステップ5.インターネット応用操作、サンプルWebページ作成後、オリジナルWebページ作成

Curriculum.png